施工事例

重なり合う北欧モダンの家【新築一戸建て】

2020/1

2019年12月27日公開

LDK
広々としたLDK。写真正面にキッチンが見えないのは、レンジフードまですべて衝立で覆っているため(下写真参照)。バックヤードにパントリーや日用品の収納棚を設けることで、LDKは生活感を抑えたシンプルな装いにまとまりました。


衝立の裏側から見たキッチン。


モダンな茶色の縁なし琉球畳に葦(ヨシ)の天井。ルーバーで緩やかに区切ったリビング一角の畳コーナー。
収納室
出し入れに便利な大容量の収納室をつくるため、間取りの一部をスキップフロア式として床下に空間を設けました。大きな荷物も楽々収納。子どもたちの遊び場にもなりそうです。
DEN (書斎)
趣味に読書に没頭できる“DEN(デン)“。DENとはもともと動物の巣穴やねぐらのことを言い、建築用語では”書斎“や”趣味室“といった名称に使われています。
写真は、壁一面の本棚と適度な広さが心地良い、まさにDENを楽しむ大人の隠れ家になりました。
北欧モダンスタイル
軒先の無い切妻屋根が3つ重なった北欧モダンスタイルの外観。あくまでシンプルでかわいらしい外観でありながら、長期優良住宅&太陽光発電搭載のゼロエネ住宅かつ、SE構法採用で耐震等級3をクリアする、地震に強くて暮らしやすく家計にも優しい高性能住宅として家族を支えます。


白と茶のシックなカラー、窓にはポイントとしてモールを施工。
エコカラットでにおいも湿気もシャットアウト
正面にワンポイントとなる草柄の壁紙、側面には消臭能力を備えた高機能タイルLIXILエコカラットを組み合わせ、見た目だけでなく実際に空気の浄化作用も望める爽やかなトイレ空間になりました。

エコカラットとは?(外部サイト)
お問い合わせ
お問い合わせ お問い合わせ
ページのトップへ戻る