様々な分野でエコ志向が高まる中、日本の住宅利用期間は約30年と欧米諸国に比べてまだまだ短く、建築や解体現場などからは大量の産業廃棄物が発生しています。

これからの成熟社会では、まだ利用価値のある住宅を長く大切に使っていくことが求められる市場に変化していくものと考えられており、そのような社会に向けた取り組みのひとつとして、「長期優良住宅」という制度が設けられています。

  • 日本のエネルギー起源CO2 排出量は、全体の約1/3 を住宅・建築部門が占めていると言われます。
    長期に住まう家を建てることは建築・解体時におけるCO2排出量の削減にもつながり、環境にやさしい一定の効果が期待できます。
    また、省エネ性能が高まれば冷暖房時に掛かる光熱費の負担も減り、地球にも家計にもやさしいエコな生活を送ることができます。

  • 長期優良住宅の建設や維持管理には相応の投資が必要になりますが、 世代を超えて利用していくことで建設・解体を繰り返すためのコストが抑えられ、一世代あたりの居住費負担は現在より軽減されることが期待できます。

  • 日本では「住宅は負債」というイメージが根強く、住宅ローンを返済し終える頃に建物はその資産価値を無くしてしまっているのが現状です。

    長期優良住宅では「建物は住み継ぐもの」として考えることができるので、長期にわたりその資産評価が期待できます。

  • 長期優良住宅であっても、耐久年数の短い内装や設備などに関しては定期的な点検やメンテナンスによって適切な管理を行っていく必要があります。

    住宅の資産価値を高めるためにも、維持保全に関する計画を立て住宅履歴を残していくことが求められています。

  • 極めて稀に発生する地震に対して、継続利用のための改修を容易に行えるように、損傷レベルの低減を図ること。

  • 換気や防腐防蟻処理などによって、構造躯体を長く使用できるように必要な措置が講じられていること。

  • 冷暖房の負荷を軽減させるために、必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。

  • 耐久年数が短い設備などについて、清掃や点検などの維持管理が容易に行えるように必要な措置が講じられていること。




↑ ページトップへ