平成22 年12 月8 日、梅原建設の監督と大工、そして協力業者を集め、気密性についての勉強会を行ないました。

気密性とは、建物がどれだけ密閉されているのかを示す性能で、これから省エネの時代へとシフトしていく中、 断熱性の向上に向けた取り組みの一つとして、重要視されている分野です。

今回の勉強会では、気密測定の機械を使用して、実際にどのような箇所から空気の出入りがあるのかを一人一人に体感してもらい、 今後の施工に活かすための知識を身につけてもらいました。

より良い造り手集団を目指すためには、高い技術力を維持することに加え、常に新しい知識を身に付け幅広い視野を持って臨むことが大切だと考えます。
これからも地元の頼られる工務店を目指して、梅原建設と協力業者全体で頑張っていきたいと思います。