梅原建設のSE構法 梅原建設のSE構法

SE 構法は木造住宅としては初の国土交通省大臣認定プログラムを取得。
木造住宅のテクノロジーを住宅に応用したもので、ビルと同じように一邸一邸構造計算によって耐震性が証明されています。

壁で支える従来の木造住宅とは異なり、柱と梁で支える構造だから、鉄骨の強さと木の温もりを併せ持つ住まいが生まれます。

建物を「構造(スケルトン)」と「内装・設備(インフィル)」とに分けて設計するSE 構法では、
リフォームのタイルに合わせた自由な間取り・レイアウトに 変更 することが比較的容易にます。

SE構法の接合部は、SE金物を採用しています。主要な柱の脚部は、柱脚金物に3本のドリフトピンφ16mmで固定。柱と梁の接合部はセンタースリット式で断面欠損が少ない金物となっています。

SE金物のリングジベルは、小さなクリアランスで、高い精度を確保。さらに強度を保つため、自動車のシャーシ等に用いられているカチオン電着塗装でコーティングし、工業化住宅性能認定の基準をクリアー。錆対策も万全です。

地震時において、さらなる安全性を確保するために、SE構法では業界で初めて、全棟Sボルトを採用しています。

これは、従来の金物工法の欠点を克服するために開発された特殊なボルトです。表面に凹凸加工を施し、木材にねじ込むことによって、引張剛性を格段に向上させました。通常のボルトの2倍の強さを持つこのSボルトと高強度のSE金物の組み合わせにより、ラーメン構造を実現しています。

木材は人に優しい素晴らしい材料ですが、自然素材のため乾燥収縮による割れや反り、ネジレ、強度的にばらつきがあるなどの欠点があるのも事実です。

そこで、構造部材はすべての欠点を解決した、構造用集成材(オウシュウアカマツ)を標準とし、柱は120mm角・170mm角を基本としています。 そして、計画伐採された原木を使用している証明である「PEFC-CoC認証」を取得し、環境面にも配慮しています。

SE構法では、床や小屋の水平構面の剛性が構造上重要と考え、床に厚さ28oの構造用合板を大梁・小梁に直接、釘CN75で固定するようにしています。

床下地材としての根太を省略するとともに、床梁に直接釘打ちすることで床面を一体化させた水平構面とするものです。これにより、高い床剛性を実現し、耐力壁に均等に力を伝達することができます。

通常の在来木造住宅では、筋交いなどの耐力壁によって接合部の自由な動きが固定されてしまうため、耐力壁が「動かせない壁」となって住空間をある程度制約してしまいます。

SE 構法では柱・梁にも強度を保たせ、構造計算によって安全を確認していますので、 耐力壁を少なくでき、より大きく自由な空間の実現が可能になります。(最大スパン9mで一般財団法人日本建築センターの構造評定を取得)

(外部サイト)耐震住宅100% (外部サイト)耐震構法SE構法 (外部サイト)重量木骨の家