ワンちゃんのための寝床・ケンネル収納スペース(室内)

新築当初、ドルチェくんがまだ生後まもない子犬だった頃は、リビング物入れの扉をはずして二匹が仲良く過ごせる パピールーム (子犬用スペース)としてご利用されていたそうです。 成長した現在は別の場所を寝床としているため、物入れは本来の用途に戻して掃除道具や ワンちゃんの収納グッズ入れ としてご利用されています。

現在ワンちゃんの寝床としてご利用されている ソフトクレート (布製ハウス)。そのままでは味気ないので、お施主様自らクレートの高さに合わせたテーブルをD.I.Y.で作られ、 飾り棚 にされています。

ワンちゃんのための収納スペース(玄関)

リード掛け は玄関入口、外からも内からも取り出しやすい場所に。その日の天気や用途によって多彩なリードを使い分けられているそうです。
土間のタイル は夏でもひんやり、ワンちゃんお気に入りの場所です。

ワンちゃんのための洗い場・トイレ

<洗い場>

バスルームのすぐ横に勝手口を設け、お散歩帰りにすぐシャワーを浴びれるようにレイアウトした “泥んこ動線” 。少し広めのユニットバスは大型犬にも便利ですね。

<トイレ>

勝手口の外がワンちゃんたちのトイレスペースです。周囲に敷かれた スコリア は火山砂利の一種で透水性・通気性に優れ、ワンちゃんのオシッコもあっという間に吸収。雨が降ればサァーっと洗い流してくれます。

ワンちゃんのための各種対策(キズ汚れ)

お施主様のご希望で使用した クリ材の無垢フローリング 。アンティーク調でキズが目立たず、時間の経過とともにより深い味が出てきます。

内装壁は汚れが染み込まず雑巾でさっと拭き取れ衛生的な セラミック塗料 を塗布しています。

ワンちゃんのためのデッキ・ドッグラン

リビングとお庭に直結したデッキでワンちゃんたちものびのび。 トリミング も行なえる程ゆとりのある空間です。

ワンちゃんが駆け回るドッグランは、踏み付けに強く自生力のある 野芝 を敷いてコンディションを維持しやすくされています。

(中写真:お施主様提供)

ご注意

当コーナーの記事は OB 様にお聞きしたコメントを元に構成しております。
ワンちゃんによって個体差がありますので各々の効果についてはご確認のうえご検討ください。