梅原建設 OMソーラー

OMソーラーは温風式の太陽 "熱" 暖房です。風土や立地条件などをデータ解析し、 設計の段階から自然を活用した快適空間をご提案いたします。

もともと、私たちが住宅において必要とする温度はそれほど高くありません。冬の室温は20℃程度に保たれればよく、 給湯も40℃程度あれば事足ります。冷房は外気温から5℃程度低ければ快適です。

右グラフにある通り、家庭用エネルギー消費の半分以上が低レベルな熱エネルギーであり、これらは自然の力を活かせば相当分まかなえます。

家庭用エネルギーに高度なエネルギーを使うのはもったいない話です。その用途に見合ったエネルギーとして太陽熱を有効に使いたいのです。

  • 測定日:2003年 3/21〜22
  • 場 所:静岡県浜松市
  • 天 候:快晴
  • 工 法:木造軸組パネル工法
  • 気 密:2.40cm/m2

*住まい手不在時における測定内容。測定は上記の条件で行ったものです。地域や建物の工・構法、気象条件によって内容は異なります。

  • 3月21日 昼間12時頃
    (外気温/13.3℃ 室温/24℃)
    集熱開始から約2時間。床面全体が23℃前後と均一になっています。窓際に見える赤い部分は床吹き出し口。

  • 3月21日 夜8時頃
    (外気温/7.4℃ 室温/22℃)
    集熱が終わって約4時間後。日中床下に蓄えた太陽熱のおかげで、床は温かいままです。

  • 3月22日 朝6時頃
    (外気温/7℃ 室温/18.8℃)
    外気温が低い朝方も、室温はほぼ均一です。







(外部リンク)  OMソーラー株式会社