各種保険制度

近年の長引く不況を背景に、建築業界では欠陥住宅やリフォーム詐欺などが問題となり、 安心して家を建てられる環境づくりが求められています。
各種保険制度は、このようなトラブルに対する補償を目的に充実が図られてきました。
国が指定する第三者機関が保険者となり厳しい審査・検査が行なわれることで、保険を ご提供できること自体が一定の安全を認められた建物である目安にもなっています。

住宅に関するトラブルの半分以上は、地盤が関係していると言われます。
当保険では地盤調査(改良工事が必要な場合は対策工事)を行なったうえで、不同沈下に起因する損害に対して、引渡後10 年間の保証が受けられます。


参考 >> (外部リンク)住宅保証機構「地盤保証制度」

完成保証とは、請負契約から完成引き渡しまでの間、万が一建築会社が倒産してしまっても第三者機関により建物の完成が保証される制度です。 中間金として支払ってしまった過払い金や、代わりに請け負った会社から追加請求された増嵩費用が保証されます。

*弊社では審査の結果、建築中の建物に対して同時着工『20棟』までという十分な保証可能枠の評価を受けております。


参考 >> (外部リンク)住宅保証機構「住宅完成保証制度」

柱や梁など構造耐力上重要な部分 及び 雨水の侵入を防止する部分に関しては、初期の不良が見つかる可能性を考慮して引渡後10 年間の保証義務があります。
しかし確実に補償が行なわれる為には、支払い能力の有無に関わらず必要な資金源が建築会社に確保されていなければなりません。 建物を新築する際には、この資金源を確保する目的で「保険への加入」もしくは「供託金の積立」のどちらかを行なうこととされており、梅原建設では「住宅瑕疵担保責任保険」に加入することで対応をしております。


参考 >> (外部リンク)住宅あんしん保証「あんしん住宅瑕疵保険」

全面リフォームやリノベーションなど、既存の建物を利用した比較的規模の大きな工事では、 費用負担の増加に伴い、新築同様、瑕疵に対する保険の需要も高まってきます。
「リフォーム工事瑕疵保険」を利用することで、リフォーム業者が行なった工 事について、構造上重要な部分に対して5 年間、それ以外で社会通念上必要と される性能を満たさない部分に対して1 年間の保証が受けられます。


参考 >> (外部リンク)住宅あんしん保証「あんしんリフォーム工事瑕疵保険」