商品アイディア

ロート・アイアン

ロート・アイアン

ヨーロッパでは昔から、鉄を熱し叩くことによって粘りと強靭さを加えた手作りの造形美を生み出してきました。 この“熱し、叩く”というい工程を経て造りだす工法を「鍛造(ロート)」と呼びます。(刀や包丁も叩きますので広義でのロートです。)

「ロートアイアン」とは、この伝統ある鍛造技術やデザインを継承し、現代の建築様式に合わせて造られた装飾部材のことを言います。

ヨーロッパ独自に発展してきた工芸でもあり、洋風の建物に重量感を持たせるアクセントとして、門扉やフェンス、階段手すりといった様々な部分に取り入れることができます。

ロート・アルミ

従来のロートアイアン製品は、手作り品としての利点とは対象に、重い、錆びやすいという欠点があります。
ロートアルミ製品は、その欠点をアルミ材を使用することによって解決した画期的な商品です。
手作り品のため、従来の既成アルミ製品では出来なかった複雑な装飾表現を可能にし、ロートアイアン製品に限りなく近い本物の美しさが表現されています。



2010.6 A邸 (ロフト)
2010.2 K邸 (廊下)
  • ▼門扉
  • ▼ベランダ
  • ▼階段手すり
  • ▼格子
  • ▼妻飾り
  • ▼フラワーBOX