商品アイディア

洋瓦風 鋼板屋根材

洋瓦風 鋼板屋根材(ローマン・ルーフィング、コロナタイル)

軽量で強靭な鋼板を基材とし、表面に自然石粒を施して瓦のような趣きを持たせた屋根材です。 鋼板と瓦それぞれの性質を併せ持つ多くの特徴があります。

ローマン・ルーフィング

  • ネロ

  • タスカニー

  • ショコラ




コロナ・タイル

  • サーブル・ブラック

  • ペッパー・ストーン

  • シーダー・ストーン

  • グリーン・ストーン

  • ティーク・ストーン

  • スパニッシュレッド

  • シエナ





  • 基材である鋼板は耐久性や耐食性に優れ、その周りに防錆や防苔の層をコーティングすることで、より強靭な屋根材を実現しています。


  • 表面に施した自然石粒は瓦と比べても遜色ない温かみがあり、また鋼板材が苦手とする雨音の軽減や直射日光による熱伝導の軽減などの特徴を備えています。


  • 基材を鋼板とすることで屋根の軽量化が図れ、地震の際の揺れ幅を軽減させる効果が期待できます。


  • 専用のビスを使い独自の工法でしっかり留めていくので、強風時にはがれる心配がありません。


  • 裏側の基材に鋼板材を使用しているため、上の画像のように軽く持ち運ぶことができます。


  • 完成した屋根はとても重量感があり、美しい仕上がりになります。

洋瓦風 鋼板屋根材(ローマン・ルーフィング、コロナタイル)のここがポイント!

  • 表面石粒の凹凸により、雨粒の拡散と衝突時の震動を抑え、雨音も静かです。
  • また、表面石粒の効果により、鋼板層への熱伝導を減らします。
  • 表面にアクリルコーティングを施してあるので、長期間のメンテナンスが不要です。
  • コケやカビが生えにくいよう防苔材を塗布してあります。
  • 専用ビスで締結するので、地震・火災・暴風に対して崩れ落ちたり飛んでしまう心配がありません。
【 ローマン・ルーフィング 】
・伊東市内 M邸(2010予定)
・伊豆の国市 S邸 2010.3
・伊東市内 F邸 2009.6
【 コロナタイル 】
・大室高原 C邸 2009.5
・大室高原 N邸 2009.5