梅原建設 完成保証制度

「 完成保証 」 とは、請負契約から完成引渡しまでの間、万が一建築会社が倒産しても、第三者機関により建物の完成が保証される制度です。

当 「 完成保証 」 に任意で加入した場合、 引渡後のアフターサポートだけでなく、建築中の建物に対しても保証の範囲が広がるため、より安心してマイホーム計画を立てることができます。

  ※ 重量木骨の家(SE構法) 及び OMソーラーの家では標準仕様です。

第三者機関が保険者となって責任を負う制度であるため、
工務店やビルダーに対しては経営状態や技術面などにきびしい条件が課せられています。
そのため、当保険をご提供できること自体、建築会社が一定の安心基準を満たしていることの目安にもなっています。
弊社ではその審査の結果、建築中の建物に対して同時着工『20棟』までという十分な保証可能枠の評価を受けております。

  • 建築中の建物の所有権が住宅あんしん保証に移転される契約になっているので、工事の早期再開が可能になります。
  • 工事を引継ぐ建築会社を住宅あんしん保証が紹介します。(役務保証)
  • 過払い金や増嵩費用を保証し、建物を完成させます。(最大1,100万円または請負金額の30%のいずれか低い方)

詳しくは株式会社住宅あんしん保証ホームページへ