伊豆の新築・別荘建築は梅原建設

0207福田の最近のブログ記事

1029日 伊東ショッピングプラザデユオにて開催した

梅原建設の

「親子お小遣い教室と住宅ローンセミナー」に

ご参加いただき誠にありがとうございました

 

IMG_1394.jpg


盛り上がりましたね!!

この楽しさをご体験していただいた方にしかお伝えできないのが、

とても残念です。


ご参加くださった、お父さま、お母さまから

も、普段見ないわが子の反応にお喜びの声を頂ました~


IMG_1410.jpg


今後も、楽しくお役に立てるイベントを企画していきます。

お楽しみに!

 

また、開催にあたり、

多くの方々にご協力を頂きました。

誠にありがとうございました!!

整理収納セミナー

| トラックバック(0)
【福田】

私ごとですが、整理整頓苦手です。
 
社宅に住んでる頃は狭さのせいと思っていましたが、
新築して沢山の収納スペー
スを作ってもらったのに、
なんか上手く収納出来ていない、物が取り出しにくい
などの日々、ちょっとしたストレスを感じてます。
 

そこで、最近、2つの整理収納セミナーに参加してきました。

 
まだ、勉強しようと入口に立ったばかりなので
この場でご披露できないのですが、
きっと整理収納って、主婦共通の悩みですよね。
 


そこで、私、主婦設計士である限り、得た知識は
お客様にもご提供できたらと改め
て感じている所存です。
 

ご提供の形は、設計提案かプチセミナーかまだ検討中ですが、
特に住宅の設計はた
だ"箱"をつくればいいといものではないと、
感じる今日この頃です。( ̄^ ̄)ゞ


010.JPG

床下の断熱改修

| トラックバック(0)
【福田】


我が家の床下に吹き付け断熱試してみました。
 
「通気は確保して」「メンテナンススペースは残して」という私のわがまま要望にも
快く引き受けてくださいました。

 
 吹きつけの様子.JPG


素足で過ごしている私には特に、施工前後の差は実感しています。
床から伝わるキンキンした冷たさがなくなりました!!
 
それにしても、床下潜っての作業。とても大変だったと思います。
業者さんにはいつも頭の下がる思いです。


メンテナンス

| トラックバック(0)
【福田】

ある日の週末。
我が家の玄関ドアのサビが気になり、娘とメンテナンスしました。
自分でメンテナンスすると、益々、愛着がわきますね。(o^^o)

IMG_8761.jpg

芸術作品

【福田】

olé!

f251210.jpg


常滑

| トラックバック(0)
【福田】

焼物の街、常滑に行きました。
常滑焼は瀬戸や信楽焼と並び日本六古窯のひとつです。
街中には古窯が多く残り、情緒あふれるとても興味深い街です。
  
400px-Aichi_Tokoname05n4272.jpg 006-(1).JPG


そして、タイル好きの私に欠かすことのできない、INAXの「世界のタイル博物館」。
装飾タイルの発展を知ることができるとともに、タイルの宝石箱に入ったような感
覚で、美しいタイルをたくさん見ることができます。

images2.jpg


合わせて、便器もたくさん見ました(≧∀≦)

images.jpg

なまこ壁

| トラックバック(0)
【福田】

西伊豆、特に松崎町でよく見かけるなまこ壁。

f2507171.jpg  f2507172.jpg

名前の由来が以前から気になっていたのですが、やっと判明しました。

(えっ?!今頃?!)

wikipediaによると↓

「壁面に平瓦を並べて貼り、瓦の目地(継ぎ目)に漆喰をかまぼこ型に盛り付けて塗る工法。その目地がナマコに似ていることから呼ばれた。防火、防水などの目的を持つ。」

だそうです。

"なまこ"は目地だったんですね?。

そして、松崎の長八美術館でより詳しく知ることができました。

目地役の漆喰は乾かないと厚く塗れないため数回の手間をかけているそうです。

手間がかかれば費用もかかる。
よって、"なまこ"の厚さが裕福の象徴だったそうです。

そして、平瓦をひし形に並べたのは、水が壁に入らないようにしたため。

なるほど!!雨仕舞!風の強い伊豆には特に重要です!!

建築紀行?文翔館?

| トラックバック(0)
【福田】

洋風建築の代表作のひとつ、旧山形県庁"文翔館"に行きました。

f2505154.jpg


大正5年に建てられたイギリス ルネッサンス様式のレンガ造りで、国の重要文化財です。


f2505151.jpg

外観内観ともに完全なる洋館であり、意匠だけでなく、スケールの大きさ、石、タイル、漆喰、絨毯、など細部においても本物の威容を肌で感じ取ることができました。



感服したのは建物そのものだけでなく、昭和61年から10年間の歳月をかけて行
われた保存修復工事についてです。

建築当初の復元を目指し、在来の材料を使用しながら従来の工法で施工しつつ
も構造補強した施工も大変なことだったと思いますが、さらに驚嘆したのが、漆喰装飾!

会議室などの壁や天井に施された花や果物の形をした漆喰の装飾は、左官さんが
小さなヘラと指先でひとつひとつ作り上げたものと知り、まさに脱帽です。

f2505153.jpg

また、柄も素材も忠実に再現した絨毯。これほどの長い絨毯を敷くことができる職人さんは全国でも数人ではないでしょうか?!

そのほか、寄木細工の床や時計台など、ご紹介したい点は数々ありますが、ブログ
ですのでこの辺にしておきます。

f2505152.jpg




目地きり

| トラックバック(0)
【福田】

玄関土間やテラスにタイルを貼りたかった我が家。

でも、予算は膨らまない。

そこで、モルタルの目地きりをタイル仕立てにしてはどうか...。



f2501241.jpg   f2501242.jpg



私は満足o(^▽^)o




シンボルツリー

| トラックバック(0)
【福田】

我が家のシンボルツリーのマイヤーレモン君。
三年かかってやっと実をつけてくれました。


f2411301.jpg

初夏には白い花がとても爽やかな香りを放ち、花の少ないこの時期には、
鮮やかな黄色実が庭を明るくしてくれます(#^.^#)

シンボルツリーにオススメです!


ところで、マイヤーレモンとは、オレンジとかけ合わせた品種らしく、
酸味が柔らかくて香り高く皮も薄くて、さらにとってもジューシーo(^▽^)o

とても美味しいレモンですよ(#^.^#)